102

食べたもの、行ったところ、見たもの、思ったことの記録です。体にいいものが好き。面白く書きたい。

シンプル is the best カバンの中身

 

カバンは毎日持つのでなるだけ軽くしたいし、中にはしょっちゅう使うものから困ったときに役立つものまで便利に揃っていてほしいところです。

 

今現在工夫を重ねて?まあ使いやすいカバンに仕上がっていると少しは自負があるので、記事にしてみました。

 


f:id:srk-hi23:20190501100337j:image

 

まずは、この四つ、財布、ポーチ①、ハンカチ、眼鏡ケース

 

財布は軽さ重視で二つ折りのシンプルなタイプ。ポール・スミスです。青に一目惚れで購入しましたが、青は金運的にイマイチだそうでショック。あまりに気にせずに使ってますが笑


f:id:srk-hi23:20190501100640j:image

 

カードも6枚は入るので及第点。

 

次にポーチの中身


f:id:srk-hi23:20190501100841j:image

 

100均のポケットティッシュ入るポーチを愛用してます。今現在ポケットティッシュきれてますが...

見てわかるものが多いですが、一応説明を

①ヘアゴ

シリコンの使い捨ては髪を括りたいときにくくれて便利。人にもあげれる。

②目薬

薬用とかではないやつ。使用期限無視しがち

③印鑑

年に1回ぐらいの出番

④痛み止め

ノーシンとノーシンピュア頭痛生理痛に効くのでいいです。胃も荒れない。

⑤リップクリーム

敏感肌なので敏感肌に優しい感じの

⑥アイシャドウ

単色は邪魔にならなくていいです。化粧し忘れても心強い。

⑦LAWSONの500円シリーズのインテグレート

繋げられる。ロケットエンピツっぽいくてかわいいです。とにかく軽いので持ち歩きによい。

⑧アイブロウ

資生堂の安くてロングセラーのペンシル。眉毛がなくなってきたら書き足します。

⑨フロスと絆創膏

とにかく歯に挟まる人にはオススメ。そのまま入れてる不衛生さはお見のがしください。

絆創膏は言うまでもなく。

 

もうひとつこれがないと困るデカポーチ
f:id:srk-hi23:20190501181849j:image

A5サイズ?フリクションペンは大きさ比較ように外にだしてます。

おにぎりポーチは100均。100均ポーチはなぜこんなに優秀なのか...

 


f:id:srk-hi23:20190501182103j:image

 

また番号ふってみました。

①イヤホン

なくしにくいように目立つ色で。1000円ぐらい?実はあんまり使いません。

②マスクケースとマスク

花粉症なので常にマスクの予備を。

フリクションペン、シャーペン

どっちも消せる。

④手帳

100均butハイクオリティーカバー付きなのでいろいろはさめます。

⑤クオカード

500円もらったので。財布もケータイも忘れたときに使う予定。

⑥フェイスパウダー

脂ぎったらはたきます。一応UVカットらしい。ちょっと香りつき。

⑦お手拭き

茶店でもらえるやつ。たぶんガストのかな?

⑧ハンドクリーム

指先は乾燥します。家だとつい塗り忘れるので、外出先で暇なときせっせとぬってます。

 

全部だしてみるとけっこういろいろ入ってますね~

とにかく一つ一つをコンパクトに!をモットーに選ばれたものたち。

しかし20アイテム以上も入ってるとは!

 

近頃の愚痴と平成

平成が終わる

 

平成が終わるのは至極当然であるのに、とても驚くべきことと思わされるのは、メディアのせいかもしれません。

平成生まれの私にとって平成は今までの人生のすべてですが、終わるから何か変わるとは思えないですね。

平成の終わりが自分にもたらしたものは、長すぎる連休と天皇誕生日が引き続き祝日なのかという憂慮と...それぐらい。

 

といいつつ、何か区切り、節目を迎える感すごい。スッキリした気持ちで令和を迎えたいとなんとなく心にありましたが、今現在、とてももやもやしています。

原因はひとつ。アルバイトでやらかしてしまったこと。今さら悔やんでもどうしようもないですが、引っ掛かって取れない小骨のよう。しかも、その場で怒られて解決する類いのものではなく、後からボロがでるかそのままスルーできるか際どいところ。

むしろ自分がミスに気づかなければ今頃のほほんとしていられたのに...

平成最後、こんなにやきもきするだなんて、想定外です。

ポイントカードでポイントたまるストレスもたまる

ポイントカードを最初に使ったのはいつか?おそらく中学生ぐらい。服屋さんといっても全国展開のファストファッションのお店で作ったのが最初だったと思います。

そのカードは紙製でスタンプを千円ごとに押してもらう形式の古典的なタイプ。

20ポイントぐらいで2000円?の金券をもらえたような。

 

ここ10年さまざまなポイントカードがどんどん増えてってるように感じます。

紙のものなど消え失せほとんど電子カード。

私のお財布にも常に4枚。休眠中のカードを含めると軽く10枚を越えるはず。

 

特によく使うのがTポイントカード。

ファミマ、ドラッグイレブン、ガスト、レッドキャベツでポイントをためてます。

250円ぐらいで1ポイントなのであんまり貯まらないですが、キャンペーンやらポイント5

倍を狙うとまあまあ貯まります。

 

しかし一回の買い物でコンビニなら500円弱スーパーでも2000円ほどしか買い物しない私にとってポイントカードは本当にお得なのか?

 

確かに出せばポイントは貯まりますが、ポイントカードの管理に使う労力にみあっているのか疑問。

 

ポイントカード出し忘れたときの損した感とキャンペーンを逃したときの悔しさは大したものでないにしろ、ポイントカードがなければ発生しなかったマイナス要素。

 

更にポイントの有効期限なるものもあります。失効とメールが届こうものならその落胆度合いははかり知れません。

というのは大袈裟ですがまあガッカリ。

 

お店の人にしても、ポイントカードお持ちですかの一言を忘れまいと、ポイントカードの渡し忘れを防止しようと必死。

会計業務にプラスアルファの!ストレス。

 

たまに磁器が反応しなくて、番号手打ち。なんかごめんなさい。

 

更に5倍dayだけやたらに混む。普段がらがらなのにポイント狙って客が来るから。実際顧客が増えてるってよりも分散してた客が集中しているような。まあこれは在庫をはけたい時には店側にはメリットなのか?バイトはおそらく苦しんでます。客(私)も5倍dayだからといってそんなにレジに並べないです。

 

確かに企業の囲い込み戦略の一端を担っているんでしょうが...

ポイントカードがあるからって普段行かないお店にわざわざ足を運ぶってことはない気が...

 

と思ってましたがhttp://www..com/ https://point-marketing.jp/647

企業側にはメリットいっぱいっぽい。

そこまでうまく行くとは思いませんが、確かに顧客のプロフィール、どの時間帯に何を買ったか分かるのはすごい、便利。知らないうちに私たちは、監視されてるんですね。しかし企業側がデータをしっかりいかせているかは別問題なので実際どうかってのは不明。

 

ここまで書いててやっぱりポイントカードってお得ではなかった。ってのがまとめ。

 

 

といいつつ

ポイントカードお持ちですか?

いえ。

無料ですがつくられませんか?

いいです。

 

のやり取りが面倒なので使いますが...

せめてもっと薄くしてくれ。

 

マイブームカズオ・イシグロ

カズオ・イシグロが日本を騒がしたのは、一年前?二年間?のノーベル賞受賞ではないでしょうか。

しかしながら私のなかでのブームは今、乗り遅れています。タイムラグどころではない。

正直、英米文学って馴染みがないと言うか、読みにくいと言う印象。偏見。先入観。

だったんですが、読んでみたいなとは思っていたんです。何せノーベル賞受賞で騒がれていたし、出身地の長崎に住んでいるし...

あと、前に通ってた大学の般教(共通教育のこと、こう呼ぶのは関西だけ?)でわたしをはなさないでが題材になっていてカズオイシグロの名前を知っていたから。これがノーベル賞受賞前ってことも大きいです。

どんな授業か詳しくは覚えてないですけど、ウィリアムワーズワースとかフランケンシュタインも一緒に習った気がします。

ラインナップ的に英国文学から何かを学ぶ授業だったんではないでしょうか?

とにかく暇な春休みに図書館で目についた一番薄そうな遠いやまなみの光を手に取ってみました。

 

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

 

 

原題の訳が女たちの遠い夏から変更されたそうです。

今のがいいですね。女たちの遠い夏ではぬぐえない昼ドラ感。

読み始めてみて、わくわくとかドキドキとか全然ないんですが、とにかく続きが気になるそんな作品。

一気読みできます。でも読み終わってもすっきりしない。ググって解釈を読んで、なるほどと思いましたが、それでもああ!分かったとはならなかったです。

 

しかし、歪んだ人間関係、噛み合わない会話、何か起こりそうで何も起こらない展開。

これらはより日常に近いのではないかと思いました。

 

主人公というか語り手が悦子という長崎出身、英国在住の女性なんです。読んでるときはなるほどそうか、と悦子の語りに納得させられるんですが、読み終わって冷静に考えるとなかなか肝っ玉がすわってるというか怖い人。娘の自殺にもあまり動じず、若いときは若いときで、夫の父とえらい懇意。近所の訳ありな母娘と親しくしてる。

そのままほんとそのまま読むと、悦子さんが、長崎で暮らした妊娠中の日々を回想して終わるという単純な内容ですが、解釈がいろいろできすぎて正解が分からないです。

正解なんてないかもですが。

まず長崎で出会う親子、佐知子と万里子は悦子自身と自殺した娘景子の投影と思われます。自分勝手に振る舞う佐知子とすぐどこかに行ってしまう万里子。終盤、万里子の大切にしていた猫を川に沈めて殺してしまう佐知子(えぐすぎる)。悦子はやたらに万里子の面倒をみると申し出るところから景子に対しての罪滅ぼしをしたいと思っているか(順番逆か)と。

 

いや、しかし感想まとまらない!!

 

 

 

iPhoneからAndroidにかえて困ったこと

 

ブログを書くのが久しぶりすぎて、基本操作すら怪しいです。

 

タイトルの通り、最近、スマホを2年間使ったiPhone5sから、AQUOSのsense lite sh-5に買い換えました。

乗り換えに伴う買い換えなので、なんかいろいろバックアップしたり、メアドを統一したりと準備をしていたのですが、はっきりいってあんまりスムーズにデータ以降できなかった...この反省を3年後に(三年契約なのでまた乗り換える予定)にいかすべく、ここに書き綴ります。

 

まずは

Android版がないアプリが!ある!けっこう!

これがなかなか困りました...今まで写真をpoolってアプリで保存して、カメラロールのは消してたんですが、Androidにはこのアプリはなくってパソコンでも見れないです。

https://itunes.apple.com/jp/app/pool-puru-wu-liaode-xie-zhenga/id963929502?mt=8

↑めっちゃ便利ではあるんですが...

この事実に気づいたのは乗り換え後。幸い家にはWi-Fiルーターがあるので、圏外となったiPhoneWi-Fiを使い、地道にダウンロードし続けました。先々代スマホiPhoneだったので足掛け4年お世話になったアプリなのでまあ悪く言う気はないですが、なんとダウンロードした写真をパソコンに入れると撮影日が、ダウンロードした日になるんです。地味に嫌です。アプリ内では撮影日保存されているのにね。やはり王道のGoogleドライブやらdropBoxを利用した方が後で困らんのでしょう。

もうひとつ。あまりゲームとかしないのでデータの引き継ぎしたいとかなかったんですが、ウンログだけは、引き継ぎたかった。

http://unlog.co.jp

ウンログがなんのアプリか言うまでもないでしょう。ウンをログするためのアプリです。

このアプリダイレクトなイラストが逆にかわいくて、使いやすくて飽き性の私も続いてるんですが、なんとデータの引き継ぎもできるはずなんです。せっかくだからとTwitterアカウントで登録、新スマホでログインしようとしたら...なんとAndroid版はTwitterログインできない!なんで!メールアドレス登録とFacebook登録は両方できるのに...1/3の確率で外れをひきましたね。仕方ないのでまた1からうんをログしてます。

 

次に、

iCloudに頼りすぎ問題

があります。

メモのバックアップと連絡先はiCloudで管理しておりました。iCloudAndroidに対応してないことは知ってましたが、Web上で見れるだろうと、ダウンロードぐらいできるだろうと安易に考えておりました。

みれません

全く、パソコンでは見れるのに...

仕方なしに連絡先はBluetooth。メモは記録的なのは移行はあきらめて、絶対必要なもののみメールで送りました...めんどくさすぎる...

 

そんなこんなで、互換性がないアプリクラウドを使うと、後でなかなか困るということがわかったので、これからはGoogleドライブをメインに使っていこうと思います。

 

果たしてこの選択が正しいのか結果は3年後に...

歳を取ることが嫌になってくる

毎年の誕生日が楽しみだったのは、何歳までだろう。

小学生の時は、誕生日のたびに歓喜していた。中学の頃は自分の誕生月が年の後の方だったのが悔しかった。

高校生になったらそこまで楽しみではなくなっていたけれども、友達や家族からプレゼントをもらえて嬉しいとは、思っていた。

状況が変わったのは、大学に入ってからか、浪人しているため、ほとんどの同級生より年上というのがそもそも嫌だった。

それでも21、2まではそんなに気にしてなかったように思う。

しかし、今年25になるのは確実に嫌だ。

できれば24のままでいたい。もはや年齢が減って欲しい。

何が嫌か。

年齢に中身が伴っていない。

そう思うから。そう思われるのではないか不安になるから。そう思われないようにしなければと駆り立てられるから。

成長期には、見た目にも変化があるし、去年よりできることは確実に増えていった。

年齢は自分の成長を表すものであった。

実年齢より年上に見られることは喜ばしいことだった。

今はどうか、年齢より上に見られることは嬉しくはない。下に見られても、落ち着きがないのかと余計な心配をしてしまう。年相応が一番である。

数年経ったらそうも思わないだろうが。

大人が何か、小さい頃想像していたより曖昧だった。

大阪から長崎に来て一年が、

長崎にやってきてほぼ一年経ちました。

あっという間と言いたいところですが個人的に長く感じました。

 

大阪と長崎、関西と九州。

まあ来た当時は驚くことも多々ありましたが、慣れとは恐ろしいもので、今やすっかり長崎県民。

 

というのは言い過ぎですが、、、

 

一年経つことですし、長崎ならではと思うことを書き散らかしていきます。

 

まずは食から

生成食品がとにかく安い特にびわ!!大阪にいる時は、高くてかえなかったびわを心ゆくまで食べられます。

あとは、やっぱり魚が美味しい。そこらへんの回転寿司でもネタがよい。

長崎きて初めて食べたひらすって魚がオススメ。

意外とカステラは食べないですね…いつでもどこでも売ってるから?

福砂屋と文明堂とあとはもう一つが御三家。

あともう一つごめん。

チャンポンもあんまり食べない。

老舗も多いですが、県民にきくとリンガーハットが無難らしい。

よりより、ハトシロール、トルコライスも結局未食。

かんころ餅だけは何回か食べました。しかし、かんころ餅はローカルフードすぎてマイナーかも。

そのほかにもご当地アイスのミルクック、ブラックモンブランなど自分の中で定番となりつつあるローカルフードも多数。

 

次は街について

とにかく坂、坂、坂

よくまあ家建てたねって立地

坂が多いからか、あんまり歩かない

そして腰が悪い人が多い

長崎県民のアシは路面電車とバスですが

なんとICカードが普及しています

その名もスマートカード

長崎でしか使えないというあまりスマートさが感じられないカードですが(ちなみにICOCASuica路面電車とバスでは使えません)10%還元なので長崎に住むなら使うべし。

ICカードでありながら、運転手さんにカードくださいと言ってお金払うアナログなシステム。チャージも千円ずつしかできません。積み増し機は車内の運賃箱。

路面電車は二箇所あるので、進行方向と逆の機械ですればスムーズですが、バスだとタイミングが難しい。ああアナログ。

バスも路面電車も駅と駅の間隔が短くて便利ですが、路面電車は遅い。バスは乗り換え案内にでないという特性?を持ちます。

バスは長崎バス長崎県営バスが市内の二大勢力。道幅の狭い住宅街を通るためのミニバスもあります。幼稚園バスと見まごうばかりのコンパクトさ。

 

最後にイベント

精霊流しおくんち、ランタン祭り

ってところでしょうか

精霊流しはなんてったって爆竹ひたすら爆竹

おくんち県民が気合を入れている祭りです。つい梅ヶ枝餅を買ってしまいます。

ランタン祭りは、中国の旧正月を祝う祭りだとか。観光客が多くて路面電車が遅れます。

長崎一の繁華街浜の町が大賑わい。普段あまり混まないので、キャパオーバー気味。

 

あまり長崎の魅力が伝わらない内容となりましたが、住みよい街だと思っています。

長崎ではかなり都会の方に住んでいますが、喧騒的なのがない。

路面電車はどこまで乗っても120円。

コンパクト感が心を落ち着かせてくれますが、暇を感じることが増えましたね…